ネット通販で厳重な金庫を買いました。

つい最近、私の家の近所の家に泥棒が入りました。その話を聞いて怖くなりました。その家では、貯金通帳を盗まれたそうです。私の家も危ないと思いました。それから、家のセキュリティーに力を入れました。玄関の鍵を二重にして、窓の鍵も二重にしました。それから家を空けるときには、人の動きを感知してベルがなる装置を居間や、窓際において出るようにしたのです。その上で、より厳重な金庫を買うことにしました。元々あったのですが、簡易な物なので、本格的なものではなかったのです。重たい物で、簡単には担いでいけない物を買うことにしたのです。ホームセンターで販売していることは知っていたのですが、それほど種類を置いていないので、ネット通販で買うことにしました。ネット通販だといろんな種類が販売されているので、ニーズにピッタリの物を探せると思ったからです。

手軽に使える手提げ型の金庫

商売をしているとお金の出入りが激しいです。ですからきちんと管理しておく必要があります。個人事業を行っている場合、自分のお金と商売のお金がごっちゃになってしまうことがあります。お金が増えているから儲かっていると思っていたら、生活費をそちらに加えていたなどのようなことがあります。分けて管理するようにします。そのようなときに使うことがあるのが手提げ型の金庫になります。中を開けるとお札と小銭が分類しやすいように仕切りができていたりします。支払いをするのも楽ですし、入れるときも簡単に入れることができます。通常はボタンひとつで簡単に開くことができますが、保管をするときは鍵をかけることができます。鍵と言っても簡易的なものになりますから、防犯性としてはあまり高くありません。内部で管理するためのものとして使います。

壁に埋め込むタイプの金庫

忍者をテーマにしたテーマパークがあります。その中に忍者屋敷がありました。いろいろな工夫がされていて面白いと思ったものです。壁と思っていたところが扉になっていてなかに入ることができるようになっていました。また、床と思っていたらそこに抜け穴があったりするのです。何かがあっても簡単に脱出することができそうです。この忍者屋敷には隠しなになにもたくさんあります。一見わからないところに隠しておくことができるのです。この仕組は現代の家においてもあると便利かもしれません。そして実際にありました。それは壁に埋め込むタイプの金庫になります。こちらについては、建物を建てるときに設置することもありますし、既に建っている建物に後から取り付ける場合もあります。最初から取り付ける場合はより防犯性能も高まります。普段は掛け軸などをかけて隠します。